《セルリアンハンター キンシコウ》 けものフレンズ 考察・評価 No.004

けものフレンズ

 

《セルリアンハンター キンシコウ》

 

カテゴリ レベル コスト パワー ソウル トリガー
キャラ 0 0 2000
特徴
黄色 フレンズ・武器
フレーバー
セルリアンは、ハンターに任せてくださいね
テキスト
【永】あなたのストックが2枚以下なら、このカードのパワーを+1500。

【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、そのターン中、このカードのソウルを+2。

 

けもフレ考察第四回。

前回までのカードがメジャーだった分、考察量が減ってしまうかもしれませんな。今回はみんな大好きキンシコウさんです。

《セルリアンハンター キンシコウ》 考察・評価

 

 

とりあえずシナジーがある《セルリアンハンター ヒグマ》を先に。

あんまりというか全く見ませんね。使うならファン構築での関係でしょう。セルリアンハンターでファンデッキを作るならリカオンの為にボスを一杯積まなければならない(使命感)

 

打点はそこそこ でももっと優秀なのがいます

 

 

火力はストックが2枚以下なら3500。この効果自体はそこまで強いものではなく、《うー!がおー!サーバル》が純粋に登場ターン3500になれることを考えると、ストックがない状況でなら永続的に攻撃力がパンプされるこのカードは若干守備よりといっていいでしょう。

ただし《うー!がおー!サーバル》はリバース時に思い出に飛ぶ効果が非常に(相手としては)厄介であり、結局のところシステム的、全体的な守備力で言えば向こうの方が上。パワー3500は大体の0帯対面を割れる火力ですが、ここだけを考慮してデッキに採用されることはないかと思います。

尚他のテーマだと同じような効果で《ココア画伯》がいたりします。こちらはレベルも上げるので0帯でのサイドアタックを封じてしまう強効果。やはりこのパンプはそこまで強くないんですね。

 

第二の効果を山札削りとして見るか、ソウルパンプギャンブルと見るか

 

 

第二のテキストはデッキトップ控え二枚送りで、その中にクラマがあればそのターンソウル+2。これが若干難しいところですね。ヴァイスにおいては最初の山札は基本的に弱いので、早期に削りたいところですが、山札を削る目的だけならば、こと【けもフレ】に関しては今は《謎がいっぱい ツチノコ》がいる。勿論、レベル1帯では同じ色で《さばくツアー中 かばんちゃん》がいますし、青を採用するなら《正統派アイドル ジェーン》もあります。

レベル0帯でリフに入ることはほとんどなく、概ねレベル1の終盤で行われることを考えると、この山札2枚送りは急ぎ過ぎている感もあります。勿論、先のカードと組み合わせこのカードをガン積みすればかなりの勢いでミルできますが、総合的なパワーは弱まってしまう。

 


 

 

他のテーマだといさ知れず、けもフレには簡易的に疑似リフを可能にする《“ガイド”ハ マカセテ ラッキービースト》が居るので、「”山札削って”早期に2週目!」というのがそこまで重要な課題ではない感じはします。その上、けもフレの0帯には優秀な能力を持ちかつ思い出に飛ぶキャラが二種もあるので、黄色の発生源として考えるならば、デッキ構築の時点で結構ピックが固まっちゃってるんですね。

個人的には《謎がいっぱい ツチノコ》がPRで登場したことでよりこのカードのピックは難しいものになったかな、と思います。

 


 

 

落とした控えにクラマがあればソウルを+2する効果も若干使いづらく、中盤以降は例え当たったとしてもキャンセルが不安になるところもあるでしょう。一応、ヴァイスでのダメージの理想値は基本的に「3」となっているので、それを1枚でこなせることは高評価ですが、なんにせよランダム性(トップ落とし)の上にランダム性(ドラ乗り回避)を重ねて、しかも0帯が過ぎてしまえばチャンプをしなければいけないので、ちょっとギャンブルが過ぎます。

このカードを利用する1番の理想は、後攻初ターンの対面割を含めたダメージ源、ないしは山札削りであると思います。昔のヴァイスでなら相手に先上がりをさせやすくするソウルパンプはあり得なかったかもしれませんが、今は早上がりに以前より意味がなくなっている為、一撃で3やら4やら5やら与えるのは中々のものだとは思います・・・クラマが落ちれば。

 

《セルリアンハンター キンシコウ》 総評

 

 

《セルリアンハンター キンシコウ》の総評としては、弱くはないだけど強いとも言い切れないカードであると思います。

《うー!がおー!サーバル》と《謎がいっぱい ツチノコ》の存在が採用を悩ましいものにしていますね。一応、CIP2Millと考えればそこそこの応用力はあり、基本損をしない効果ではあるので状況によっては活躍できますが、その狭い用途の為にデッキの枠を使うのか、あるいは使うなら何枠割くのかとなれば、やはり躊躇してしまうカードです。